昨今の住宅事情

東京の不動産物件は近年動いているようです。

その理由は何か。

それはオリンピックでしょう。具体的な根拠はないと思われますが、不動産会社は口々にそう言います。

特に都内の中古マンションが大きく動いているようです。動いている相場は3000万円前後が多いという話もあります。

では地方はどうでしょう。

近 年の特徴ですが、老後を地方で過ごす。という人が増えてきているようです。メディアの影響かもしれませんね。以前と違うのはリゾート地の不動産物件が動い ているという事です。例えばバブル当時、億を超えるマンションや戸建てだったとしても今は価格が大幅に下がり、お手頃な価格で購入できるようになっていま す。そのため、老後を地方で過ごす、しかもかつてのリゾート物件を購入するケースが増えているようです。

リゾート地といっても例えば伊豆なんかは近所に病院もあり、大型スーパーもありなど、今の時代は田舎だからといって不便なことはあまりありません。都内と違うのは車メインの生活になることくらいです。

しかも物価は都内より安いため、ある程度の貯蓄がある人は不自由しない暮らしができるでしょう。

しかし都内で中古マンションを買いたい、良い物件、場所にすみたいという人も多いのは事実です。

例えば麻布十番に住んでいる。それだけで大きなステータスになります。麻布十番はご存じの通り、芸能人も多く住み、有名な商店街があり、都内の一等地です。そこに住んで切るという事は自慢になりますね。麻布十番の賃貸はいくらするんだという話になりますが、調べてみたらいろいろな価格帯があるようです。調べたサイトをご紹介しておきます。

a0002_002749

夏には有名な祭りがありすね。

このエリアでマンションを持っている人はなかなかすごいと思われます。戸建てなんかも売っているようですが価格が半端ではありません。

みなさんも一度高級賃貸を探してみてはいかがでしょう。

ちなみに「麻布十番の高級賃貸」は地元密着型のサイトで探すのが吉です。